2013年03月05日

【ガラスの仮面】がスマホ読める|【ガラスの仮面】スマホで一気読み

ガラスの仮面.jpg

▼▽▼▽▼▽無料コミックが取り放題▼▽▼▽▼▽


▲△▲△▲△▲立ち読みはこちらから▲△▲△▲△▲




どーも木村漫次です。毎日、漫画を紹介しています。
今日紹介する漫画はガラスの仮面です。

1976年から1997年まで「花とゆめ」に掲載された、超ロングセラー
演劇を夢みる多くの少女のこころを掴んだ名作ですね。



月影千草はかつて舞台『紅天女』を演じた大女優だったが芸能界を引退して
第一線から退いていた。

そんなある日、『紅天女』の上演権を持つ月影千草の元へ芸能会社社長令息の
速水真澄と演出家の小野寺一がやってきて『紅天女』の姫川歌子主演で
上演を目論むが自分か自分が育てた女優以外のの演技を拒絶し申し出を断る。

そして10年以内に自分が育てた大女優を育たなければ上演権を譲ると宣言
した。そんな矢先、月影は北島マヤと出会う。

月島はマヤの才能を見抜き、自分の後継者にそだてるため、マヤを
弟子として鍛えていく。

色んな逆境にあいながらも成長していくマヤにたくさんと人が
影響されていく様子を描いた大作。

↓↓↓↓↓↓簡単登録で漫画が読める↓↓↓↓↓↓


登場人物

北島マヤ

主人公 13歳の少女
天才的素質をもつ女優。月影千草にその才能を見いだされ開花。
本人の努力はすさまじいものがある。

月影千草

劇団つきかげ主宰兼マヤの師匠
名作『紅天女』の主役をつとめた唯一の女優。
マヤを自分の後継者として彼女を厳しく教育し、見守っている


青木麗17歳
劇団つきかげ所属の女優
マヤの同居人兼姉的存在兼よき理解者であり、
劇団つきかげの中では最もマヤと仲が良い
長身のため男性役を演じることが多く、女性ファンが多い。

水無月さやか16歳
児童劇団に所属していた所を、月影にスカウトされる。
当初、マヤをライバル視していたが次第にマヤの才能を認め
よき仲間となる。

沢渡美奈16歳
劇団つきかげ所属の女優、月影にスカウトされ入団する。
学校の成績もよく美人。劇団一角獣の団長(掘田)とは恋人同士

▼▽▼▽▼▽無料コミックが取り放題▼▽▼▽▼▽


▲△▲△▲△▲立ち読みはこちらから▲△▲△▲△▲

posted by ケンゴ at 19:04| Comment(0) | 演劇漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。