2014年05月09日

人気漫画ベイビーステップを電子コミックで楽しもうぜ!


▼▽▼▽▼▽電子コミックが取り放題▼▽▼▽▼▽


△▲△▲ベイビーステップ立ち読みはこちらから▲△▲△
51nfrvmM8dL._SL500_AA300_.jpg
どーも木村漫次です。Baby Steps(ベイビーステップ)
という漫画を紹介しますね。

この漫画はテニス漫画ですが、作者の藤木光自身が
テニス経験者ということもあり、かなり緻密に
技術や戦術などを描いています!

テニス関係者からも絶賛されている漫画です。


丸尾栄一郎は、運動不足を解消するためだけに
南テニスクラブの無料体験に参加した事がきっかけ
でテニスを始めることになった。

そこで、出会った女子高生の鷹崎奈津の影響で
本格的にテニスを始めたんだ。

いつのまにか、栄一郎はすっかりテニスの魅力に
はまって、プロを目指してテニスに打ち込む事
になったんだね。


登場人物


丸尾栄一郎(まるお えいいちろう)


大杉高校に通う男子高校生

学業が優秀で小学生の頃から秀才。
高校に入学してからテニスと出会い持ち前の
分析と努力で自分のテニスに対しての自分
なりの信念を持つ。

戦略家で常に研究してノートにデータを記録
している。

アメリカにテニス留学するなどテニスの対して
の姿勢は貪欲である。



鷹崎奈津(たかさき なつ)

本作のヒロイン。

大杉高校に通う、栄一郎同級生。
学年で一番の美女で人気者。

正確は天真爛漫でくったくがない。
テニスのプレースタイルは感覚派でその場
の空気を読んで、プレーするスタイル。

大会では初戦でいつも緊張してしまう、

高校3年の時に栄一郎に告白して付き合う
ことになった。


江川逞(えがわ たくま)

STCに所属している男子プロ選手。
大杉高校OB。

190pの長身は繰り出されるサーブは強烈。
ボレーは繊細で、テニスセンスは抜群である。
ただ、精神的に弱い面がある。

一時期スランプだったが栄一郎のひたむき
なプレーの影響されて、乗り越えることができた。


高校3年の時全日本大会で準優勝したことがきっかけ
でプロに転向した。



深沢諭吉(ふかざわ ゆきち)

STCに所属する少年。

栄一郎の事を尊敬して「アニキ」と呼ぶ。
ライバルの情報収集にも熱心で栄一郎のノート
作りにも役立っている。


田島 勇樹(たじま ゆうき)

STCに所属する、栄一郎より8学年下の少年。
天才児として活躍している。

小学3年でアメリカにテニス留学したがホーム
シックのため、母がアメリカに駆けつけた。


三浦(みうら)

経験豊かなコーチ。何人ものプロの選手を
育てた。
栄一郎の動体視力にいち早く気づいた。
そして、栄一郎に勝利の方程式を植え付けた。

「全てのボールに追いつ
き、それをコントロールできれば理論的には
負けない」という理論だ。

(木村漫次の感想)

主人公の栄一郎の武器は、“動体視力”と
「病的なまでに几帳面」が生んだデータマニアック
を武器にテニスに打ち込んでいったね。

栄一郎のとことん分析しノートにとって研究
する姿勢がすごい。とことんテニスの打ち込む姿
がものすごい情熱を感じます。

ヒロインの奈津と付き合えて良かったなー。


▼▽▼▽▼▽電子コミックが取り放題▼▽▼▽▼▽


△▲△▲ベイビーステップ立ち読みはこちらから▲△▲△
posted by ケンゴ at 06:00| スポーツ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月03日

人気漫画【モンキーターン】がカラーで読める|スマホで一気読み


▼▽▼▽▼▽電子コミックが取り放題▼▽▼▽▼▽


△▲△▲モンキーターン立ち読みはこちらから▲△▲△

モンキーターン.jpg
どーも木村漫次です。今日の漫画は
モンキーターンです!
週刊少年サンデーで連載されていた競艇漫画
です。モンキーターンというタイトルも
モーターボートもターンのことなんですよ”

作者は河合克敏です。
『とめはねっ! 鈴里高校書道部』という書道漫画を
ヤングサンデーで現在も連載中です。

書道やモーターボートなど扱うテーマが
かなりニッチなのも特徴ですね。

でもモンキーターンは日本船舶振興会から
も競艇初心者の入門書として推薦されて
いるのですよ。


さて内容ですが

波多野憲二は、少年の頃からの野球小僧。
来る日も来る日も野球にあけくれて甲子園を
めざしていた。高校3年も甲子園の予選で
敗退してしまった。

その後、担任の先生と競艇選手に連れられて
競艇場にやってきた。そこで初めてモーターボート
を体験した。その感触にとりこになり、特に
モンキーターンにはまってしまった。
そして、野球をやめて、競艇選手になることを
決意するのだ。

必死で勉強して、養成所に試験に合格する。

そして、ついの競艇選手になるが、波乱万丈の
選手生活がはじまるのだ。

登場人物

波多野憲二(はたの けんじ)

主人公
東京都世田谷区三軒茶屋出身。
高校までは野球選手だったが、とあるきっかけ
でモーターボートに魅了されて、競艇選手に
なることを誓う。努力の甲斐あって養成所に
合格した。

最初のころ、転覆ばかり繰り返していてドボン
キングとあだ名をつけらていた程。
学科と整備も苦手だった。でも卒業する頃
は卒業レースで優勝する位に成長した。

卒業後は、平和島競艇場を中心にして選手生活を
開始。
古池勘一に弟子入りして頭角を現し、デビュ
ーからわずか3年4か月で全日本選手権競走
(ダービー)を制覇して、一躍脚光を浴びる。
しかし、その後落水事故で左手に大けがを負う
が必死のリハビリで半年後に、又、トップに
返り咲く。

人懐っこく義理堅い素直な性格で皆から人気
がある。


生方澄(うぶかた すみ)

波多野の同級生で幼馴染。

子供の頃から仲が良いがそれ以上に関係は発展
しない。でも、波多野をいつも応援し、競艇選手
になってからも様々な形で波多野に協力している。


洞口雄大(どうぐち たけひろ)

波多野と同期に本栖研修所に入所。
学科、実技共に非常に優秀。
父親が有名な競艇選手で父親を超える事を
目標にしている。
端正な顔で女性ファンが多い。


(木村漫次の感想)
この漫画で競艇の世界がどういったものなのか
知った人も多いですね。この漫画を読んで
競艇に憧れて実際に選手になった人も
いるそうです。
漫画の影響力って、凄いね。
モンキー.jpg

▼▽▼▽▼▽電子コミックが取り放題▼▽▼▽▼▽


△▲△▲モンキーターン立ち読みはこちらから▲△▲△
posted by ケンゴ at 09:25| スポーツ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月28日

ホイッスル! 電子コミックがスマホ読めちゃう!


▼▽▼▽▼▽電子コミックが取り放題▼▽▼▽▼▽


△▲△▲ホイッスル!  立ち読みはこちらから▲△▲△

i=http%3A%2F%2Fpds.exblog.jp%2Fpds%2F1%2F201305%2F22%2F47%2Fc0293147_20432431.jpg,small=800,quality=75,type=jpg.jpg
どーも木村漫次です!久々のスポーツ漫画。
ホイッスル!です。サッカー漫画だね。
週間少年ジャンプで連載されていた人気漫画
です。

主人公の風祭将の夢はJリーガーになること。
名門の武蔵森学園に通う中学生。
でも、武蔵森学園で3軍でうだつがあがらない。
好きなサッカーもだんだん嫌いになってきた。
それで心機一転、桜上水中学に転校した。
ところが、桜上水中学では皆からサッカー
エリートが来たと勘違いされる。
それが嫌で、皆の前から逃げ出した。
でも、サッカー部の水野やシゲ、不破達に
触発されて、練習にも打ち込んでいく。
そして、サッカーもうまくなってきて
人間としても成長してきた。


登場人物

風祭将(かざまつり しょう)

1984年5月10日生まれ
身長146cm 体重40kg

サッカーが大好きな中学生。名門武蔵森中学の3軍
だったが、レベルの違いから、レギュラーになれない
のが分かり、桜上水中学へ転校する。
サッカー部のメンバーは将が武蔵森のレギュラー
だと勘違いしてしまう。それで一旦は将は逃げたが
、背水の陣でトコトコ頑張る。そして遂に
レギュラーの座を射止める。
なんと東京選抜チームにも選ばれた。
プレースタイルはがむしゃらに頑張るスタイル。

元々の素質はそんなにない。努力によってできた
スタイルだ。最終的には消えるフェイントや3人
抜きなどできるようになる。



水野竜也(みずの たつや)

背番号10
ミッドフィールダー
1984年11月30日生まれ
身長167cm 体重56kg
桜上水中のエースでキャプテン。父親は
武蔵森中学サッカー部監督。武蔵森中学に合格して
いたがそれを蹴って桜上水中入学した。

サッカーの才能は抜群だが、他の選手の成長と共に
自分のプレースタイルに悩みを持つようになる。
しかし、最終的に将など、他の選手の後押しも
あり、立ち直り、在学中に横浜マリノスに入団
が決まる。



佐藤成樹(さとう しげき)

2年
背番号11
フォワード
1983年7月8日生まれ
身長171cm 体重58kg

母親と生活していたが、家庭の事情で家を飛び出し
一年間放浪生活した後、桜上水中近くの寺で
居候をしている。

初めは色んなスポーツの手をだしていたが
風祭の影響でサッカー部に入るも、遊び半分だった。
でも、風祭のひた向きな本気のプレースタイルに
影響されだんだん本気になってくる。
そして、実力もついてきて、東京選抜に選ばれた
が、とある松下コーチの判断で参加できなかった。
しかし、関西の帰り、叔父の後押しもあり、
関西選抜に選ばれた。

その後、京都サンガに入団した。


不破大地(ふわ だいち)
2年
背番号1
ゴールキーパー
1984年12月31日生まれ
身長174cm 体重60kg

天才といわれる程の才能の持ち主だが、問題児。
性格的に頭の良さから、つき合う相手も
こてんぱにやっつけてしまうところがある。
ところが風祭の無邪気な性格が気になり
サッカー部に入学する。
反射神経と鋭い読みで活躍するが東京選抜には
選ばれなかった。

高校、大学は名門校に進学。
ずっとサッカーが続けている。サッカーは人を
知るための触媒として最高とのことでサッカー
はやめられない。


木村漫次の感想

ホイッスル!はスポ根とがいうよりは人間
ドラマを深く描いているのが素晴らしい。

将の人間的に吸引力に皆が引き込まれる姿
がみていてたのしい。皆の人間的成長と
サッカーにかける情熱がすごい。

サッカーは奥が深い。
人間と人間のぶつかり合いのヒューマンドラマだ。


▼▽▼▽▼▽電子コミックが取り放題▼▽▼▽▼▽


△▲△▲ホイッスル!  立ち読みはこちらから▲△▲△
posted by ケンゴ at 06:00| スポーツ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。