2013年05月22日

オススメ☆スマホ電子コミック紹介サイト|ふたりエッチ 克・亜樹


▼▽▼▽▼▽電子コミックが取り放題▼▽▼▽▼▽


△▲△▲電子コミック立ち読みはこちらから▲△▲△

ふたりエッチ.jpg

どーも、木村漫次です。今日、紹介する漫画は映画化も
されて人気を集めた「ふたりエッチ」です。

ヤングアニマルで1997年より連載されて、現在はヤング
アニマル嵐で連載中です。作者は克・亜樹ですね。


真と優良は童貞、処女で見合い結婚した新婚カップル。
ふたりは結婚当初、お互い性体験がないのを知らなか
ったが、だんだんとエッチのステップアップしていく
ラブストーリー。


登場人物

小野田真(おのだ まこと)

25歳で優良と結婚した。それまでは童貞だった。
外資系企業に努めるサラリーマン。
優しい性格だが優柔不断なところがある。

セックスの事を考え込んだり、いろんな女性とセックス
する妄想癖がある。短小、早漏、仮性包茎が悩みだが
妻を喜ばせたいと思っている。

優良とは4時間で連続7回セックスした事があり、回復
は早い。オナニーも大好きで結婚後も妻の目を
盗んではAVを見て、オナニーをしている。

阪神タイガースの大ファンで酒の弱い。



小野田優良(おのだ ゆら)

25歳で真と結婚。それまで処女だった。
真の事が大好きで、夢の中でも真に抱きつく位好き。
結婚当初は料理は苦手だったが、努力の甲斐あって
料理が得意なった。

言葉遣いがとても丁寧な真思いの良い奥さん。

スタイルも良くて、B93の美巨乳で張りと弾力がある。
くびれも凄くて、おしりの形も良い。

女子高育ちの御嬢さんで高校時代はテニス部に所属して
いた。その当時は担任の先生が好きだったが、彼と
同級生のセックスを目撃し、諦める。

真とのセックスは大好きで24時間以内に10回セックス
したこともある。


小野田守(おのだ まもる)

真の父、なかなか子どもを作らない息子夫婦が気になる
娘の外泊にも手を焼く。


小野田明子(おのだ あきこ)

真の母
早く孫が欲しいと思っている。性に関して自由で
娘の遊びも許している。


小野田明(おのだ あきら)

真の兄
弁護士。エッチにうるさく、風俗が大好き。
真に性のテクニックについて熱く語る。
お節介やき。


河田秀樹(かわだ ひでき)

優良の父。カメラマン。
妻の千春とは今でも仲が良い。


河田千春(かわだ ちはる)

若々しく美人で優しい性格。
孫を欲しがっている。


河田梨香(かわだ りか)

優良の妹。姉と違い性の対して自由奔放で15歳で初体験
をして、30人以上の男性とセックスしたことがある。

彼氏はいるがそれ以外にも3人のセックスフレンドが
いる。真も誘惑するほど。
勘が鋭く、真に好意をもっている女性を見抜く事が
できる。


真と優良のカップルは本当に良いカップルですね。
お互いの性に対する悩みを打ち明けながら、セックス
のステップアップをしていくところは微笑ましいです

同じ姉妹で優良と梨香の性に対するスタンスが
全然違うのは不思議だね。
姉妹でもこんなに違うものなんだね。



▼▽▼▽▼▽電子コミックが取り放題▼▽▼▽▼▽


△▲△▲電子コミック立ち読みはこちらから▲△▲△

posted by ケンゴ at 08:23| Comment(0) | ラブストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月14日

オススメ☆スマホ電子コミック紹介サイト|ラブひな 赤松健

ラブひな.jpg

▼▽▼▽▼▽無料コミックが取り放題▼▽▼▽▼▽


▲△▲△▲△▲立ち読みはこちらから▲△▲△▲△▲

どーも木村漫次です!今日、紹介する漫画は恋愛あり、ドタバタありの
ラブコメ漫画ラブひなです。
作者は赤松健で週刊少年マガジンで1998年から2001年まで掲載されていました。
『魔法先生ネギま!』など他の作品も有名な作者ですね。

浦島景太郎は東京大学の入学を目指す19歳の浪人生。家を追い出され、祖母
が経営する旅館に頼るが、そこは女子寮に変わっていた。
女子寮の管理人として、住む事になる。幼い日に約束した少女との
約束を果たすため勉強しながら、管理人をする。
そして、見事大学に合格し幼い頃の約束を果たそうとします。


登場人物

浦島 景太郎(うらしま けいたろう)

主人公で、女子寮ひなた荘の管理人である。
1979年1月5日生まれ。
東京都出身。

幼い頃に謎の少女と約束とした、「一緒に東大へ行く」という約
束を守るため東京大学を受験する。
三浪の末に東大合格を果たす。
入学後、やりたい事が分からなかったが
瀬田記康との出会いから考古学への道へ進む。
アメリカ留学を果たし、最終話では東京大学の助教授になっている。


↓↓↓↓↓↓簡単登録で漫画が読める↓↓↓↓↓↓




成瀬川 なる(なるせがわ なる)

ヒロインで、女子寮ひなた荘の住人である。
1981年3月25日生まれ。

景太郎と同じ東京大学を志す受験生。
成績優秀で、模試では全国トップを取ったこともあるが、
受験本番で失敗し、一浪して合格を果たしている。
高校時代に家庭教師の瀬田に勉強を教えてもらってから
成績がよくなり東大を目指すようになった。

こうと決めたら、目的に向かって突進していく猪突猛進タイプ。
意地っ張りな性格をしているが、自ら張ってしまった意地で損
をする事もしばしばある。

特技はボウリングで、昔は「ボーリング小町」という異名を持っていた。

家族構成は、母と妹の母子家庭
勉強のし過ぎで眼を悪くしてしまい、学校ではグリグリメガネをかけている。
また寮内ではどてらを着込み、トレパンを履いた格好をしている事が多い。

景太郎のアメリカ留学中は管理人代理を務めた。


前原 しのぶ(まえはら しのぶ)

ひなた荘の住人。
かつて、ひなた荘の近所にあった洋食屋「洋食ひなた」の娘であった。
1985年11月15日生まれ。

景太郎へ恋心を抱く乙女。
内気な性格だが家庭的で面倒見の良いところがある。
中学時代の成績は良くなかったが、景太郎の影響やなるの
指導により県内トップの高校に進学、後に東大生となる。

体型にコンプレックスを抱いていたが、エピロー
グでは長髪でグラマラスな女子大生になっている。

景太郎が他の女の子と良い関係になると、失神
するなどのリアクションを見せる一方、「浦島先輩が幸せに
なれるなら」と、景太郎となるとの関係を応援してもいる。


瀬田 記康(せた のりやす)

考古学者。
景太郎多大な影響を与えた人生の師匠と呼べる人物。
1970年7月13日生まれ。

東大在学中はなるの家庭教師をしていた
卒業後、同大学の考古学の講師として勤務。

世界中の遺跡調査に飛び回っている。
東大の敷地内で生活したり、鈍感でマイペースな性格で
回りが呆れるほど。

愛車は5代目スバル・サンバだが特殊な装備が施されている


東大へ入るために目的を共にした人が多く住む、ひなた荘。
恋愛やドタバタ、いろんな事が起こるひなた荘。
結局、景太郎が幼い頃に約束した謎の少女はだれだったか
はっきりさせなかったけど、なるのことでしょうね!

▼▽▼▽▼▽無料コミックが取り放題▼▽▼▽▼▽


▲△▲△▲△▲立ち読みはこちらから▲△▲△▲△▲




posted by ケンゴ at 08:26| Comment(0) | ラブストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月10日

オススメ☆スマホ電子コミック紹介サイト|君に届け 椎名軽穂

君に届け.jpg


▼▽▼▽▼▽無料コミックが取り放題▼▽▼▽▼▽


▲△▲△▲△▲立ち読みはこちらから▲△▲△▲△▲

どーも、木村漫次です! 今日、紹介する漫画は学園恋愛漫画の「君に届け」
です。北幌高校に入学した黒沼爽子は内向的な性格で、黒髪に青白い肌で
陰気なためクラスに馴染めなかった。そして皆から「貞子」と呼ばれていた。

クラスメイトの風早翔らの理解で、爽子に対しての皆の見方が変化して
いって次第に爽子も心を開くようになる。感激青春漫画の名作です!


登場人物

黒沼爽子(くろぬま さわこ)
本作の主人公
一人でいる事が好きな少女で、内向的な性格をしており、感情の表現が
下手でクラスに皆から「貞子」と呼ばれ、気味悪く思われていた。
実は純粋で一途な性格で前向きな努力家。勉強もできて、手先もとても
器用。クラスメイトの風早のことを想っているが、当初は
ただの憧れと認識していたが、だんだん恋であると自覚する。

人の感情に疎く、風早のアプローチもただの親切心だと勘違い
する程鈍いところがある。

クラスメイトのちずやあやねの温かい支援もあって、自分の気持ちに
正直になって、風早に告白し見事正式に結ばれた。


↓↓↓↓↓↓簡単登録で漫画が読める↓↓↓↓↓↓




風早翔太(かぜはや しょうた)

爽子のクラスメイト
爽やかな性格で男女問わず人気がある。入学式の日に道に迷っていた時に
爽子に道を教えてもらってから、爽子の事を気にかけるようになり
だんだん好きになって爽子に恋するようになった。

爽子に何度もアプローチをするが爽子の人の感情に鈍い性格もあって
なかなか、受けていれてもらえなかった。

しかし、最終的には爽子から告白され、又、風早も自分の想いを
爽子に伝え、結ばれることになった。


矢野あやね(やの あやね)

爽子のクラスメイト。最初は爽子のことを怖がっていたが、夏の肝だめし
の時に爽子の本当の性格に触れて、爽子の事が好きになった。
その後、爽子に何かと協力するようになった。


吉田千鶴(よしだ ちづる)

爽子のクラスメイト。皆と同じで最初は爽子の事を誤解していたが
だんだんと爽子の事が好きになり、親友になった。
風早との恋愛のことでは「鈍さに慣れるな」と爽子に叱咤激励し
応援する。


爽子の人間性に触れるにつれて、皆、爽子に対しての誤解が解け
爽子を応援する様子は微笑ましいですね!

風早と爽子の恋愛は紆余曲折があったけど成就して本当に良かった!
爽子やクラスメイトがいいように変化していく様子は読んでいて
うれしかったです。

▼▽▼▽▼▽無料コミックが取り放題▼▽▼▽▼▽


▲△▲△▲△▲立ち読みはこちらから▲△▲△▲△▲

posted by ケンゴ at 09:00| Comment(0) | ラブストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。