2014年05月03日

人気漫画【モンキーターン】がカラーで読める|スマホで一気読み


▼▽▼▽▼▽電子コミックが取り放題▼▽▼▽▼▽


△▲△▲モンキーターン立ち読みはこちらから▲△▲△

モンキーターン.jpg
どーも木村漫次です。今日の漫画は
モンキーターンです!
週刊少年サンデーで連載されていた競艇漫画
です。モンキーターンというタイトルも
モーターボートもターンのことなんですよ”

作者は河合克敏です。
『とめはねっ! 鈴里高校書道部』という書道漫画を
ヤングサンデーで現在も連載中です。

書道やモーターボートなど扱うテーマが
かなりニッチなのも特徴ですね。

でもモンキーターンは日本船舶振興会から
も競艇初心者の入門書として推薦されて
いるのですよ。


さて内容ですが

波多野憲二は、少年の頃からの野球小僧。
来る日も来る日も野球にあけくれて甲子園を
めざしていた。高校3年も甲子園の予選で
敗退してしまった。

その後、担任の先生と競艇選手に連れられて
競艇場にやってきた。そこで初めてモーターボート
を体験した。その感触にとりこになり、特に
モンキーターンにはまってしまった。
そして、野球をやめて、競艇選手になることを
決意するのだ。

必死で勉強して、養成所に試験に合格する。

そして、ついの競艇選手になるが、波乱万丈の
選手生活がはじまるのだ。

登場人物

波多野憲二(はたの けんじ)

主人公
東京都世田谷区三軒茶屋出身。
高校までは野球選手だったが、とあるきっかけ
でモーターボートに魅了されて、競艇選手に
なることを誓う。努力の甲斐あって養成所に
合格した。

最初のころ、転覆ばかり繰り返していてドボン
キングとあだ名をつけらていた程。
学科と整備も苦手だった。でも卒業する頃
は卒業レースで優勝する位に成長した。

卒業後は、平和島競艇場を中心にして選手生活を
開始。
古池勘一に弟子入りして頭角を現し、デビュ
ーからわずか3年4か月で全日本選手権競走
(ダービー)を制覇して、一躍脚光を浴びる。
しかし、その後落水事故で左手に大けがを負う
が必死のリハビリで半年後に、又、トップに
返り咲く。

人懐っこく義理堅い素直な性格で皆から人気
がある。


生方澄(うぶかた すみ)

波多野の同級生で幼馴染。

子供の頃から仲が良いがそれ以上に関係は発展
しない。でも、波多野をいつも応援し、競艇選手
になってからも様々な形で波多野に協力している。


洞口雄大(どうぐち たけひろ)

波多野と同期に本栖研修所に入所。
学科、実技共に非常に優秀。
父親が有名な競艇選手で父親を超える事を
目標にしている。
端正な顔で女性ファンが多い。


(木村漫次の感想)
この漫画で競艇の世界がどういったものなのか
知った人も多いですね。この漫画を読んで
競艇に憧れて実際に選手になった人も
いるそうです。
漫画の影響力って、凄いね。
モンキー.jpg

▼▽▼▽▼▽電子コミックが取り放題▼▽▼▽▼▽


△▲△▲モンキーターン立ち読みはこちらから▲△▲△
posted by ケンゴ at 09:25| スポーツ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。