2014年05月09日

人気漫画ベイビーステップを電子コミックで楽しもうぜ!


▼▽▼▽▼▽電子コミックが取り放題▼▽▼▽▼▽


△▲△▲ベイビーステップ立ち読みはこちらから▲△▲△
51nfrvmM8dL._SL500_AA300_.jpg
どーも木村漫次です。Baby Steps(ベイビーステップ)
という漫画を紹介しますね。

この漫画はテニス漫画ですが、作者の藤木光自身が
テニス経験者ということもあり、かなり緻密に
技術や戦術などを描いています!

テニス関係者からも絶賛されている漫画です。


丸尾栄一郎は、運動不足を解消するためだけに
南テニスクラブの無料体験に参加した事がきっかけ
でテニスを始めることになった。

そこで、出会った女子高生の鷹崎奈津の影響で
本格的にテニスを始めたんだ。

いつのまにか、栄一郎はすっかりテニスの魅力に
はまって、プロを目指してテニスに打ち込む事
になったんだね。


登場人物


丸尾栄一郎(まるお えいいちろう)


大杉高校に通う男子高校生

学業が優秀で小学生の頃から秀才。
高校に入学してからテニスと出会い持ち前の
分析と努力で自分のテニスに対しての自分
なりの信念を持つ。

戦略家で常に研究してノートにデータを記録
している。

アメリカにテニス留学するなどテニスの対して
の姿勢は貪欲である。



鷹崎奈津(たかさき なつ)

本作のヒロイン。

大杉高校に通う、栄一郎同級生。
学年で一番の美女で人気者。

正確は天真爛漫でくったくがない。
テニスのプレースタイルは感覚派でその場
の空気を読んで、プレーするスタイル。

大会では初戦でいつも緊張してしまう、

高校3年の時に栄一郎に告白して付き合う
ことになった。


江川逞(えがわ たくま)

STCに所属している男子プロ選手。
大杉高校OB。

190pの長身は繰り出されるサーブは強烈。
ボレーは繊細で、テニスセンスは抜群である。
ただ、精神的に弱い面がある。

一時期スランプだったが栄一郎のひたむき
なプレーの影響されて、乗り越えることができた。


高校3年の時全日本大会で準優勝したことがきっかけ
でプロに転向した。



深沢諭吉(ふかざわ ゆきち)

STCに所属する少年。

栄一郎の事を尊敬して「アニキ」と呼ぶ。
ライバルの情報収集にも熱心で栄一郎のノート
作りにも役立っている。


田島 勇樹(たじま ゆうき)

STCに所属する、栄一郎より8学年下の少年。
天才児として活躍している。

小学3年でアメリカにテニス留学したがホーム
シックのため、母がアメリカに駆けつけた。


三浦(みうら)

経験豊かなコーチ。何人ものプロの選手を
育てた。
栄一郎の動体視力にいち早く気づいた。
そして、栄一郎に勝利の方程式を植え付けた。

「全てのボールに追いつ
き、それをコントロールできれば理論的には
負けない」という理論だ。

(木村漫次の感想)

主人公の栄一郎の武器は、“動体視力”と
「病的なまでに几帳面」が生んだデータマニアック
を武器にテニスに打ち込んでいったね。

栄一郎のとことん分析しノートにとって研究
する姿勢がすごい。とことんテニスの打ち込む姿
がものすごい情熱を感じます。

ヒロインの奈津と付き合えて良かったなー。


▼▽▼▽▼▽電子コミックが取り放題▼▽▼▽▼▽


△▲△▲ベイビーステップ立ち読みはこちらから▲△▲△
posted by ケンゴ at 06:00| スポーツ漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月08日

オススメ☆スマホ電子コミック紹介サイト|カードキャプターさくら


▼▽▼▽▼▽電子コミックが取り放題▼▽▼▽▼▽


△カードキャプターさくら 立ち読みはこちらから▲

card_captor_sakura_009.jpg
どーも木村漫次です。今日の電子コミックは
カードキャプターさくらです。

アニメなどのテレビシリーズでも人気のあった
CLAMP漫画ですね。


木之本桜は、友枝小学校に通う小学4年生。
ある日、不思議な本を見つけたが、その本から
なんと、封印されていたケルベロスが現れた。

その本の中には魔法のカードが入っていたが
すでに世界にばらまかれていたのだ。

そのカードを集めるためにさくらや友人たちが
友枝町を舞台に活躍するというお話。


登場人物

木之本 桜(きのもと さくら)


主人公、通称・さくら
私立学校の友枝小学校に通う小学4年生

父親の書庫にあったクロウカードの本の中で
眠っていた「封印の獣」ケルベロスに
カードキャプターにさせられた

最初はカードの収集にあまり乗り気でなかったが、
カードを集めていくうちにケルベロスやカード達
と仲良くなり、カード収集を自らすすんで行う


性格は、明るく素直で優しく非常に友達思いの
かわいい少女。

初めは、闇の力を持つ封印の杖を使っていたが
月(ユエ)との戦いの時に観月の手助けもあり、
自身の属性である星の力を宿した星の杖に変化した


最初は星の杖で使ったカードは魔力が弱かった
が、カードを全部変えた時、すごい魔力を
手に入れました。



ケルベロス

クロウによって作られた、クロウカードの2人
の守護者の1人で「封印の獣」であり「選定者」

通称・ケロちゃん


さくらの魔力を認めてカードキャプターに選んだ

普段はぬいぐみみたいで小さくかわいい姿。
真の姿は翼の生えたライオンを思わせる獣


関西弁は話す。

何もない時はさくらの部屋でテレビゲームを
して遊んでいる。



大道寺 知世(だいどうじ ともよ)


さくらの同級生で一番の親友。
資産家の一人娘で典型的なお嬢様

さくらが大好きで自分が作った洋服をさくら
のあげてたりしている。

魔力はないけど、人に気持ちに敏感で、小狼が
さくらを好きなのもいち早く分かった。



李 小狼(リ・シャオラン)

さくらの同級生
クロウ・リードとは遠戚に当たる李家出身で、
強い魔力を持っている

運動神経抜群で、特に武術に秀でている

はじめはさくらと敵対していが、だんだん好き
になり、とうとう告白して、さくら両想いに
なる。



木之本 桃矢(きのもと とうや)

さくらの兄
私立学校の星條高校の2年生

成績優秀でスポーツ万能、超人気者。

ケルベロスに認められ、
月とエリオルには「(魔力補充の)適任者」と
言われるほどの強力な魔力を持つ


他人に見えないものが見える。



月城 雪兎(つきしろ ゆきと)


桃矢の同級生で親友
秀才で運動神経も抜群だが、運動部にも属
していない。

さくらの兄の桃矢が好きなよう。
桃矢によって実は自分の正体は人間ではなくて
月であることが分かる。



(木村漫次の感想)

登場人物のキャラクターが良いね。さくらの兄は
意地悪だけど優しいし、ケロちゃんもかわいいし
何よりもさくらは純粋でかわいい。


「はにゃ〜ん」「 さくら怪獣じゃないもん」とか
にさくらにセリフもいいね!


▼▽▼▽▼▽電子コミックが取り放題▼▽▼▽▼▽


△カードキャプターさくら 立ち読みはこちらから▲
posted by ケンゴ at 08:19| 少女漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月04日

人気漫画【ヨルムンガンド】がカラーで読める|スマホで一気読み 人


▼▽▼▽▼▽電子コミックが取り放題▼▽▼▽▼▽


△▲△▲ ヨルムンガンド立ち読みはこちらから▲△▲△

1885.jpg
どーも木村漫次です。今日の漫画はヨルムンガンド
です。

主人公ヨナは両親を戦争で失くしていた。そのため
戦争と武器を激しく憎んでいたが、とあるきっかけで
若い女性武器商人のココ・ヘクマティアルとその部下
達と旅をすることになった。

そこで武器商人として仕事をしていたヨナだが
ココからある計画を打ち明けられれる。
その計画の動揺し、拒絶していたが答えに迫られる
日がやってくる。


登場人物

ヨナ

親を殺されたことから、武器を激しく憎んでいるがその一方
でその頼もしさも理解している。
口数は少なく感情の起伏もあまりないが、心に傷を負って
いるためあまり感情を表さないところもある。

学校の勉強は苦手だが、元々の頭は良く、敵軍の作戦や
レベルを見抜くなど危機を回避してきた。

ココに秘密の計画を打ち明けられた時、激しく拒絶し
ココに銃をむけて、2年半はココとは袂を別けたが、
結局、ココの元に戻って計画に加わった。



ココ・ヘクマティアル

ブロンドの髪に青い目の20代前半の
白人女性。
分隊の若手には「お嬢」と呼ばれる。
父親は有名な海運武器商人のボス。
そういう環境で育ったため幼少の頃から武器に
ついて詳しい。
隊でヨナがお気に入りでベタベタしている。
学校に通ったことはないが、ビジネスセンスや
教養を身に着けている。

世界に武器を売ることで平和に貢献していると
信じている。

レーム

ヘクマティアル分隊のリーダー格の中年の
白人男性。元デルタフォース。

実践における司令塔で、指示を出す立場。
喫煙家。
ソマリア内戦や湾岸戦争の従軍体験がある。

狙撃にのプロで冷徹に相手を仕留める。
かつて仲間が子どもに殺された経験があり
子供であろうと容赦しないところがある。



バルメ

フィンランド人女性。
右眼は戦闘時に失明したため眼帯をしている。
豊満な胸の持ち主。
ココにスカウトされ分隊に入るが当初はココに対して
の印象は悪かった。しかしだんだんココの良き理解者
になっていく。ココがヨナとベタベタするのに
ジェラシーを感じている。
ナイフ戦が得意。


ヨルムンガンド計画

ココの企てる計画。H126個の衛星と、天田博士達が開発中
である量子コンピュータを用い、「強制的世界平和」
を実現させる計画。

制空権を完全にマヒさせ、世界同時に空の利用を禁止
する。軍事と人間を切り離す。人間の恥の意識が
争いを失くすという計画。


(木村漫次の感想)

この漫画は戦争と平和、愛と憎しみという相反する
感情、つまり世界の矛盾を赤裸々に描いている。
でも、最終目標が世界平和というのは共感できる。
方法はどうであれ。
20130313231103895.jpg

▼▽▼▽▼▽電子コミックが取り放題▼▽▼▽▼▽


△▲△▲ ヨルムンガンド立ち読みはこちらから▲△▲△
posted by ケンゴ at 06:00| 青年マンガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。